おひとりさま

毎日読んだ本の感想を書いています。

TOO YOUNG TO DIE!

 

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ
6/25公開!見てきました。

 

 

「こんな地獄なら落ちてみたいと思える地獄を描きたかった」とお話されていたクドカンさんのおっしゃる通り、死んだあとに地獄が待ってるとしても楽しみに出来るような、はちゃめちゃな地獄が描かれてました。
天国よりも遥かにこっちの方が楽しそう!

 

 

神木隆之介くん演じる大助を含む修学旅行中の高校生35名を乗せたバスが崖から転落。

大多数が天国へいく中、何故か地獄へ落とされた大助は、そこで長瀬智也演じるロックバンド「地獄図」(ヘルズ)のボーカル・キラーKに出会う。
現世に未練たらたらな大助は、再び人間として転生し、片想いのクラスメイトに再会するため修行を開始する! という物語のはじまり。

 

 

「地獄図」(ヘルズ)はじめ、様々なバンドの音楽が作中で鳴り響くので、ギターのガチャガチャした激しい音が八割を占めるくらいの勢いです。こういう音楽が好きじゃない方には苦痛な場面がちょいちょいあるかも。

 

それでもやっぱり、映画タイトルでもある「
TOO YOUNG TO DIE! 」は良い曲です。

 

 

地獄に一度落ちてしまったら、毎週金曜に受けられる閻魔さまのテストに合格しないと転生は叶わず、それも「人間道」へ進める可能性はごく僅か。だいたい「畜生道」で、良くて犬、最悪アブラムシ…………と思うと、人として現世で生きていられるこの瞬間が尊く思えてきます。

 

 

 

 

以降ネタバレになりますが

主人公大助が地獄落ちした理由、
作中では「小なのにトイレの水を大で流したから」「アンプの上に飲み物を置き、挙句の果てにぶつかってそれをこぼしたから」
などとされ、最終的に「おやつのバナナを喉に詰まらせて」自殺、と見なされているんですけど
(地獄では、「自殺」が最も重い罪)

鑑賞後、一緒に見てたうちの母が

「地獄落ちの理由、喉にバナナ詰まらせて苦しんでる時に運転手にぶつかったからだよね」(=そのせいで手元が狂いバスが崖から転落し大多数の生徒が命を落とす結果になった)と言っていて

作中やパンフレット等でも一言も語られていなかったので、本当のところはどうなのかな……と思っています。

 

 

 

深読みできるポイントが他にも隠れていそうな、クドカンワールド全開の、七転八倒ありながらもハッピーエンド、最後まで安心して笑いながら見られる、これこそエンターテインメントだな! と感じられる映画でした。