おひとりさま

毎日読んだ本の感想を書いています。

人は、外見が100%

けど、中身も100%、だとおもいます。

 

 

顔ニモマケズ ―どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語

顔ニモマケズ ―どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語

 

 

 
「夢をかなえるゾウ」「神様に一番近い動物」などの主に自己啓発書ジャンルでよく知られる水野敬也さんの著書です。
 
 
トリーチャーコリンズ症候群やリンパ管腫をはじめとする病気により、顔に症状をもつ9人の方に取材。これまでの生き方や病気(またはその症状)に対する向き合い方、折り合いの付け方を聞きまとめた1冊。
 
読んでいて泣きそうでした。
どうして悲しくおもうのか、自分で自分の感情の動きに戸惑いました。これは、私がこの人たちに対して「可哀想だ」とおもい同情してしまっているのか、そうだとしたら私は最低だ、と考えながら読み進めました。
 
強いです、総じて。みんな。
病気がそうさせたのかはわからないけど、人間ができてるというか、その境地に至るまで、これまでの人生の中で紆余曲折あったろうけど、症状の表れた「顔」に対して後ろ指差す類のひとは一定数いたはず、なのにそんなひとたちに対する恨み言は一切ない。
 
他人は変えられない。
それならば、自分の考え方や受け取り方を変える。
 
これほど重さと決意を伴って響く言葉はない、とおもった。強すぎる。強く保たずには生きていられないから必然的に強くなったんだ。それまでの過程、経緯をおもうと、この人たちが生きていてくれて良かったという気持ちになった。
読みながら泣きたくなったのは嬉しかったから、かもしれない。
 
 
 
っていう病気があることをこの本を読んではじめて知りました。引用します。
 
眼球内に発生する腫瘍で、2~3歳までに発病する場合が多い。出生児の1万5千人にに1人の割合で発症し、症状が進行すると、光が腫瘍に反射して白く光って見えることがある。
 
もうこの文面だけでこわすぎる。眼球に腫瘍ですよ。そんな漫画みたいな病気があるのか、人間の体にそんなことが起こり得るのか、って恐ろしくなります。
 
この病気により左眼を全摘出した泉川一樹さんという方のお話されていたことで
 
「自分が気にしていることも、周囲の人は違う風に見ていたりしますよね。自分の自分に対するフォーカスと、他者の自分に対するフォーカスはズレているものだと気づくことで目のことは気にならなくなっていったんだと思います」
 
というお話をされていて。
結構文中ではサラッと書かれてますけど、これってものすごい事だと思うんですよね。
こんな難しい病気に限らず、たとえば鼻が低いとか目が小さいとか、容姿で大なり小なり悩みを持っているひとが大多数ですけど
本人が気にしていても他人からしたらそうでもなかったりする。みんないい意味で自分にしか興味が無いから他人の些事にまで気を配ってない。
 
同列で語っていいものかどうかわからないけど、敢えて言ってしまうと、病気のせいで片目がない状態でもそれは、体毛が濃いとか顎が出てるとかそういったコンプレックスと同じで、他人からどう見えるかより自分がどう捉えるかを前提にして生きればいい。
でもそれは、気の遠くなるほどの努力と時間が必要なこと。
 
 
 
悩みは解決しない
後書きにて、著者の水野さんも触れていることですが
難しい病気を持って生まれ、苦しい思い辛い気持ちを味わいながら這いつくばるようにして生きてきた、その悩みの根源に対して
みなさん共通して言っていることがあります。
悩みは解決しない。
悩みは悩みとして変わらずそこにあるし、受け入れることも乗り越えることもない。ただ向き合い、付随する色々な感情を割り切って、折り合いながら進んでいく。それしかないと。
悩みと付き合いながらこれからも生きていくんだと。
 
この病気たちや「見た目問題」に関してはわたしは知識もないし、そういったひとたちと面と向かって会話をしたこともない。
 
けれどこうやって、お互いをひとりの人間として、「私の悩みはこうです」「そうですか、私はこうなんです」と語り合いながら、存在を認め合いながら生活していく世の中は居心地良いものになるとおもいました。