おひとりさま

毎日読んだ本の感想を書いています。

能サポ!

f:id:ohitori_y:20160531201823j:image


能町みね子さんの「能町みね子のときめきサッカーサポーター略して脳サポ」!

しばらく前に読了していたのですが、
時間を置いて改めて、感想をつらつらと、してみます。


まずこのタイトルからして……ん?!  ですよね。能町さんファンとしてどんなに贔屓目に見てもそそられ過ぎるし、目に飛び込んでくる。どういうこと?!  ってなりますよね。

これは能町さん(と編集担当者スルギくん)が、香川のサッカーチーム「カマタマーレ讃岐」を応援する傍ら、香川のうどんを愛で始め、いつの間にかサッカー応援<うどん食レポになっていく過程を詳らかにした本。

作中でも能町さん自身触れられてますが、カマタマーレ讃岐っていう名前がね!  もう、ね!
素晴らしいの一言です。
マークにもうどんが入ってる徹底ぶり。
香川に行ったこともなければうどんを食べたこともない、そもそもサッカーどころかスポーツ全般ルールを知らない観戦もしないわたし。

そんなわたしでも素直に応援したくなるようなネーミング。感服。
釜玉うどんからきているのはもちろんですが、そこから「ーレ」に繋がってくるのが単純なようでいて、意表を突いてくる展開。

この本を読んで、わたしはサッカーのサの字も知りませんが、やたらとカマタマーレ讃岐にだけは詳しくなりました。
あと、うどん。

能町さんの、期待を超えてくる軽快で読みやすい文章は、毎度のことながら気付いたら読み終わってる勢いなので、今回は意図的に「1日1章しか読まない!」って制限をかけたくらい。

「能スポ」を読んだ時も思いましたが、わたしにとって、読むことが苦にならない文章においては、能町さんの右に出るものはいないです。

うどんの食レポも、一箇所残らず現地に行って食べたくなる……。
香川のうどんって今更何を言われなくても「掛け値なしに美味しいもの」ですが、食べたことがない身としてはまだまだ未知なもので、読めば読むほど食べたくて仕方なくなりました。

それはそうと、
美味しいうどんほど、温よりは冷で食べた方がいいんですね!
きゅっと締まって、よりコシが引き立つものらしい。世間では常識なんでしょうか……?  そんなこともこの本で初めて知りました。

生涯で一度は香川に行くべきだー。
行きたい香川!
食べたいうどん!